文京区の土地・不動産・賃貸・戸建、物件などは西片土地株式会社へ

物件更新日 
新着物件数 
一般公開物件数 
 
弊社で中古住宅購入のお客様 雨漏り、外壁、柱など主要構造部分 5年 1000万円の第三者保証付き
弊社利用実績のある工務店のご紹介 不動産簡易調査
物件周辺の施設を探せる文京区周辺施設ガイドブック
西片土地株式会社メディア掲載情報
西片土地公式LINEお友達募集中
妄想不動産
会員限定物件情報
仲介業者様専用会員ページ
弊社が売主のお買得物件のご紹介
設計士_協力工務店募集
ご来店、ご案内予約 ご質問やご相談等お気軽にお申し付けください
文京区のマンションデータ、マンション名一覧から探す
成約済み物件データ 戸建・土地・マンション 過去の成約事例をご紹介します!
スタッフ紹介 貴方の物件探しをサポートするスタッフ達を紹介します
不動産に関するよくあるご質問にお答えします!
ちょっとマニアックな町ブログ
賃貸関係書類ダウンロード
ツイッター
文京区1,2を争う高級住宅地「西片」、その人気の一翼を担うのはやはり誠之小学校、第六中学校学区域と言う事ではないでしょうか。
また文京区内には有名国立、私立校が多数点在しており「文教区」と呼ばれていたりもします。
小さな会社ですがその始まりはなんと1969年、今から46年前!東大安田講堂事件があった年なんですね。先代社長は何を思ってその時、この地を選んだのか知りたいところです。
現在代表を務めるのは私、田港晋(たみなとしん)と申しまして10年後には舘ひろしと巷のマダム達に噂されているイケメン(笑)です。
不動産業界には15年程おりますので経験、人脈共に充実しており色々な情報が入ってまいります。
文京区で不動産をお探しになるのであればその一社に入れて頂ければ色々重宝すると思います。
手前味噌になりますが兎に角フットワークが軽いです!貴方の為に縦横無尽に文京区を駆け回ります!
文京区に特化していますのでいわゆる未公開物件と呼ばれる水面下の情報が弊社には沢山あります。
是非お声掛け下さいませ、きっと損はさせませんのでご期待下さい!

先ずはご挨拶まで 田港 晋
タミブロ 西方土地株式会社社長田港晋のブログ 文京区、その他の地域のお役立ち情報もあります

土地にはなぜ用途地域が定められて制限事項が存在するのか?

 

土地の用途地域と制限


土地のすべてに用途地域が定められているのは、都市計画の法律が根拠です。

法律で農地と定められていれば、その通りの用途地域でしか活用できません。

農地であれば、資材置き場や倉庫の建築は許可されていても、住まいの役割を果たす建物を建築することができないからです。

残念ながら、土地の用途地域を確認し忘れて購入してしまった場合は、自己責任になります。

細心の注意を払っているつもりでも、土地の売価や面積に魅力があると、盲目的に購入を決断してしまうかもしれません。

都市計画に基づいて定められている用途地域は、土地の所有者であっても決定も変更も独断でできないことを理解しておきましょう。

環境やロケーションだけでなく、法律的に用途地域が何かが重要です。




土地ごとの用途地域を知っておく


複数の魅力的な不動産物件を比較していると、用途地域を検証し忘れてしまう可能性があります。

すべての情報を的確に網羅しながら現地を確認できるとは限らないからです。

建売分譲が決まっている土地は、どんなに原野で荒れ地に見えていたとしても、一戸建てを建てられるように転用届が提出されて受理されています。

マイホームを建築する目的がある以上は、スピード感も大切です。

この場合のスピード感は、土地を購入してから住宅建築がスタートして、完成した住宅に入居できるようになるまでに必要な時間を意味しています。

自分で転用届を提出すると、それだけ時間がかかります。

用途地域が定まった状態で取引するのが理想的であり、危機管理対策にも効果的です。




同じ用途地域とは限らない


用途地域は建物の高さを制限しています。

これから建てる自分の一戸建てだけではありません。

隣接している土地や、周辺環境すべてに対して、用途地域は公平です。

用途地域に違反した建物を工務店は建てられませんので、購入予定の土地を工務店に相談しておくのも安心材料になります。

道路を挟んで向かい側の土地が、同じ用途地域とは限りませんので、どんなに距離が近くても必ず確認しましょう。




低層住居専用地域を知っておく


第一種低層住居専用地域の用途地域ならば、外観は住宅としか言えない建物ばかりが建ち揃います。せいぜい店舗兼住宅が許可される程度です。

第二種低層住居専用地域で、ようやくコンビニエンスストアの営業が許可されます。

第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域は、中高層階の建物を建築できない土地です。

周辺環境で、新築工事や建て替え工事が始まっても、中高層階の建物を建てられない用途地域とわかっていれば、安心材料になります。

いきなり環境が激変してしまうおそれがないからです。




まとめ


マイホームのために土地だけを先に購入するときは、用途地域が第一種低層住居専用地域か、あるいは第二種低層住居専用地域かを確認してください。

いきなり日照条件が悪化するような高さの建物が建てられない環境だと、快適な暮らしを維持しやすくなるからです。

どんなに土地の見た目が原野の状態でも、あるいは都市化が及んで美しく整備されている環境でも、用途地域を確認する姿勢こそが、土地購入における安心材料になります。